フルーツ青汁はいつ飲むといい?

フルーツ青汁はいつ飲むのでしょうか
ダイエットのためにフルーツ青汁を飲んでいる人・健康維持のために飲んでいる人・便秘解消のために飲んでいる人などたくさんの人がフルー青汁を飲んでいますが、せっかく飲むのだから効果は十分に得たいものです。フルーツ青汁の効果をより得るためにはいつ飲むのがよいのかみていきましょう。

フルーツ青汁を飲む上で理解しておきたいこと

フルーツ青汁はダイエット・健康維持・栄養補給・体質改善と様々な効果が期待できる飲み物ですが、間違った知識を持っている人が実は案外多いものです。そこでフルーツ青汁を飲む上で理解しておきたいことをいくつかあげてみました。

・薬ではない
フルーツ青汁は薬ではありません。あくまでも不足しがちな栄養を補助する役割で、続けることで体質が改善し様々な効果があらわれるというものです。そのため効果を出すためには毎日継続して飲み続けることが大切なのです。薬ではないため即効性はありませんが、副作用もなく年齢に関係なく飲むことができます。

・基本的にはいつ飲んでも大丈夫
フルーツ青汁は食品になるので、薬のように食前・食後などというふうに飲みかたは決まっていません。詳しくいえば効果をより発揮するためには飲む時間なども関係してきますがそれはまた後ほど説明します。それよりも毎日飲み続けるということの方が優先度は高いです。

・体調を見ながら量を調整する
メーカーによって1日分の飲む量の目安などがそれぞれ異なってきます。また内容量も成分量も違うため、あまり多く飲みすぎると人によってはお腹がゆるくなってしまう場合もあります。便秘改善はフルーツ青汁の効果の一つと言えますが下痢をするぐらいお腹の調子が悪くなるようならば、飲むのを中止するようにしましょう。

上記のようなことをしっかりと理解していないために、フルーツ青汁を飲んでいても思ったような効果が得られず、フルーツ青汁は効果がないと思いこんでしまっている人も残念ながらいます。

たくさん飲めばいいと思って必要以上にたくさん飲んで体調を壊してしまっては飲んでいる意味がありません。また効果が出ないと焦りやイライラなどストレスの原因にもなってしまいますが、これらは正しい知識を持つことで防げることです。フルーツ青汁の効果を最大限に出すためには正しい知識をもち、しっかりと理解することが大切なのです。焦らずゆっくりとフルーツ青汁を楽しみましょう。

フルーツ青汁はいつ飲むのがいい?

フルーツ青汁の効果をより得るためにはいつ飲むのがいいのでしょうか。青汁を飲む目的に合わせてみていきましょう。

<ダイエットに効果のある飲みかた>

フルーツ青汁でダイエットをおこなう場合、食事の代わりに置き換えて飲むとカロリーも抑えられ、よりダイエット効果がよりでやすくなるためおすすめです。置き換える場合は、朝・昼・夜の3食のうちの朝食をフルーツ青汁に置き換えて飲むとよいでしょう。

朝は身体をリセットし1日のスタートなる時間帯です。また朝は栄養を吸収しやすいためフルーツ青汁を飲むことで消化・吸収が良くなり本来持つ栄養を効率よく摂取することができるのです。

置き換えは空腹に耐えられるか心配という人は、毎日の食事の前に青汁を飲むとよいでしょう。フルーツ青汁には野菜とフルーツがもつ食物繊維も豊富に含まれていますが、食物繊維は胃の中で水分を吸収して膨張するという性質を持っています。

胃の中で膨張すると満腹感が得られるため、食事前にフルーツ青汁を飲むことで自然と食べ過ぎを防いでくれるのです。また、血糖値の上昇が緩やかになるというのもダイエットに効果がある理由の一つです。

<健康維持に効果のある飲みかた>

フルーツ青汁のもつ豊富な栄養を効率よく摂るためには置き換えダイエットの時と同じで朝に飲むとよいでしょう。寝ている時は胃腸も休んでいるため朝起きてすぐは栄養を吸収しやすい身体になっているのです。

このタイミングで青汁を飲むことでフルーツ青汁のもつ栄養をしっかりと吸収することができるのです。グビグビと一気飲みするのは胃へ負担をかけてしまうために、一気に飲むのではなく少しずつ味わうように飲み、朝の目覚めの習慣となるようにしていくとよいでしょう。

<便秘解消に効果のある飲みかた>

フルーツ青汁は食物繊維や酵素が豊富なのが特徴でまた乳酸菌なども含まれています。これらは腸内環境を整え、腸の動きを高めるには最適な栄養素なので便秘解消に効果を発揮するというわけなのです。

便秘解消のために飲む場合は、朝飲むことをおすすめします。健康維持の時と同じで朝起きた時に飲むことでフルーツ青汁のもつ栄養をしっかりと吸収することができ、また胃が動き腸の蠕動運動も活発になるため、腸に溜まった便が排出されやすくなります。
朝飲めない・飲み忘れたという場合は昼でも夜でももちろん構いませんが、夜飲んですぐに寝てしまうと胃腸が動いてしまうため眠れないという人も中にいるようです。夜飲む時はあまり遅い時間ではなく、寝る前2・3時間に飲むとよいでしょう。

一番大切な飲み方は継続する事

上記のように一番効果が出やすい時間帯に飲むことで、フルーツ青汁のもつ栄養をしっかりと摂取することができます。薬ではないので状況に応じて臨機応変に飲み方を変えていくとよいでしょう。

しかしこれはフルーツ青汁を継続して飲み続けるということが大前提です。継続することでこれらの効果が期待できるということをしっかりと理解しておきましょう。

継続するのは簡単そうで案外難しいものです。毎日同じことを繰り返していると飽きてくるのが人間です。上記の飲み方はあくまでもより効果をだすための飲みかたであって、必ずこうしなければ効果がないということではありません。
まずは継続する!それがフルーツ青汁を最大限に活かす近道なのです。

フルーツ青汁をいつ飲むかのまとめ

フルーツ青汁を飲んでいたけれど思うような効果が得られなかったという人は、より効果が出やすいようにこのように飲む時間を工夫して毎日飲み続けてみましょう。せっかく飲むのだからより効果が出やすい飲み方を知っておくということはとても大切なことです。

ダイエットも健康的な身体作りも基本は毎日の習慣から始まります。フルーツ青汁を毎日の習慣とすることで自然と様々な効果が実感できることでしょう。