フルーツ青汁でファスティングする方法

最近人気のダイエットの方法としてファスティングがあります。フルーツ青汁はダイエット効果が期待できますが、このファスティングにフルーツ青汁を利用することでより高いダイエット効果が期待できるのです。そこでフルーツ青汁を使ってファスティングする方法をご紹介します。

ファスティングとは

モデルさんや芸能人もおこなっているダイエット法はで最近特に注目を集めているのがファスティングです。
ファスティングという言葉をそのまま訳すと「絶食」「断食」という意味になります。私達がイメージする断食とは、食べ物を一切食べない・ツライという印象がありますが、ファスティングの場合はこの全く食べ物を食べない断食の意味合いとは少し異なります。

ファスティングは酵素ドリンクなどでビタミン・ミネラルを摂りながら、固形物を食べない事で内臓を休ませ腸内環境を整える方法となります。腸内環境が整う事で美肌効果や健康的な身体を作り上げることができるのです。

食事制限や断食をして体重を落とすただのダイエットとは違い、ビタミン・ミネラルなど身体に必要な栄養素をしっかりと摂りながら身体の内面から綺麗にしてくダイエット方法なのです。

美に気を使い身体が資本なモデルさんや芸能人がおこなっていることから、綺麗で健康的に痩せられるダイエットとして男女・性別問わず注目されているのです。

フルーツ青汁がファスティングに向いている理由

通常のファスティングは酵素ドリンクを使用することが多いです。酵素は生命活動のためにはなくてはならないため、酵素ドリンクで必要最低限の酵素や栄養を摂取しておこなっています。

断食で心配なのが栄養不足です。ダイエットのためにと始めても栄養が足りなければ低血糖をおこしてしまったり、逆に体調を崩しストレスを溜めてしまう可能性もあるのです。

フルーツ青汁は青汁のもつ野菜の栄養と、フルーツのもつビタミン・ミネラル・酵素といった身体に必要な栄養がたっぷり含まれているため、ファスティングでプチ断食をしていても栄養はしっかりと摂取することができるのです。

普通の青汁でファスティングをおこなう場合もありますが、フルーツにはファスティングに必要なビタミン・ミネラル・酵素が豊富に含まれているため、フルーツ青汁を飲みこれらの必要な栄養をしっかりと摂取することで代謝がよくなり新陳代謝も促してくれるのです。

代謝が良くなりエネルギーも燃えやすくなるため青汁よりも高いダイエット効果が期待できるというわけです。

つまりフルーツ青汁はまさにファスティングに最適な飲み物だといえるのです。

フルーツ青汁ファスティングの方法

ファスティングはダラダラと長期間続けるものではなく短期間でおこないます。ファスティングの方法は3つの期間に分けられており、準備期・ファスティング期・回復期となります。ではそれぞれの期間について詳しく説明していきます。

<準備期-ファスティング前日->
いきなり断食=ファスティングをおこなってしまうと身体への負担も精神的なストレスも大きくなります。まずは準備期で身体をファスティングに向けて慣れさせていくため、この期間の食事は軽めの食事にします。そこで覚えておくと便利なのが日本人の健康的な和食の形として有名な「まごわやさしい」という言葉です。

・ま→まめ(豆腐・納豆・大豆・高野豆腐など)
・ご→ごま(ピーナッツ・アーモンド・栗・くるみなど)
・わ→わかめ(のり・ひじき・こんぶなどの海藻類)
・や→やさい
・さ→さかな
・し→しいたけ(しめじ・えのき・まいたけなどのきのこ類)
・い→いも(じゃがいも・さつまいも・里芋など)

これらの伝統的な和の食材は昔から食べ続けてきた日本人の体質にも合っているといわれています。ファスティングをしていなくてもこれらの食材は栄養豊富でダイエットに最適な食材なので「まごわやさしい」を日常で食事で意識して積極的に取り入れていくとよいでしょう。

<ファスティング期-1~3日間->
ファスティング期のプチ断食中は固形物は基本的に食べません。朝・昼・夜の3食の代わりにフルーツ青汁を飲みます。この時は1食分1包と決めずに多めに飲んでも大丈夫です。ただ飲み過ぎてお腹の調子が緩くなるようならば、様子を見て調整していきましょう。

もちろん無理は禁物ですので、体調が悪くなるようならば即中止して下さい。体調が気になうようであれば昼食時にフルーツ青汁にプラスして軽食程度のものを食べても大丈夫です。

3日以上続けるのは身体への負担が大きくなるためファスティングは最高でも3日までとし、
まず初めておこなう場合は1~2日ぐらいで始めて見ることをおすすめします。

<回復期-ファスティング期終了の1~3日間->
ファスティングで内臓を休めた後に、いきなり普段通りの食事をしては胃腸にかなりの負担がかかってしまいます。断食後は思いっきり食べたい!という衝動にかられるかもしれませんが、ここで一気に食べてしまうと胃に食べ物がたくさん流れ込みそれを消化しようと胃酸も多く分泌され、胃痛の原因にもなります。

またファスティング期が一番大事だと思うかもしれませんが、食べなければ体重は必ず落ちます。この回復期をいかに過ごすかでファスティングの効果が持続するかすぐにリバウンドしてしまうかが決まってくるのです。

まずは食べたくてもグッと我慢し、胃腸に優しいおかゆなどを食べ少しずつ元の食事に戻していくようにしましょう。例えば2日間ファスティングをおこなった場合は回復期も2日間とし、ファスティング期と同じ回復期を過ごすと覚えておくとよいでしょう。朝→昼→夜と段階的に少しずつ食事を戻していくことがポイントです。

フルーツ青汁でファスティングのまとめ

栄養面が気になりなかなか実践できないという人は、栄養豊富なフルーツ青汁を使ったファスティングをおすすめします。フルーツ青汁にはいろいろな商品がありますが、その中には実際に商品を使用したファスティングの方法などが詳しく説明してある商品もあり安心してチャレンジすることができるのです。

フルーツ青汁でのファスティングは、短期間でできるためチャレンジしやすいダイエット法でありまた健康法なのです。